« 日本最大の自動車メーカーの次期社長がレースに出場した意味 | トップページ | 新防衛大綱の閣議決定に向けた提言 »

駐日アメリカ大使にジョン・ルース氏任命!

 皆さんは、先日、ちょっと意外なニュースが入ってきたのを覚えておられるでしょうか。それは、新しい駐日大使に、本命とされたハーバード大学教授のジョセフ・ナイ氏ではなく、シリコンバレーの企業弁護士でオバマ大統領の友人、ジョン・ルース氏(54)が指名された事です。

 実はこの人事は、オバマ大統領の政策と大きな関わりが秘められているのです。その辺の事情を日本の政治評論家の皆さんは、あまり感づいておられないようです(ひょっとすると、これは意図的かもしれません)。

 もともとジョセフ・ナイ氏が新しい駐日大使だとすっぱ抜いたのは朝日新聞でした。恐らくオバマ政権の相当な事情通から得たものでしょう。ところが、実際は違っていました。日本のメディアは疑いもせず報道していましたから、今回の人事は差し替えられたものである、と見ているようですが、本当は正式発表ではない人事をさも決定事項であるかのように報道したところに日本の報道機関の甘さが見えます。

 なぜ、オバマ大統領はナイ氏を指名しなかったか。そこには大きな意味が見えます。つまり、選挙前からうわさされていた、日米欧三極委員会の大ボス、デービッド・ロックフェラーの意向が既に新大統領には伝わらなくなっている、という事を意味しているのです。

 象徴的なのは、直前に日米欧三極委員会の会議が開かれている事です。そこには94歳の高齢にもかかわらずデービッド・ロックフェラーが出席していました。それで、情報通はデービッドの甥のジェイとの確執を伝え、今回の人事はデービッドが権力争いに敗れた結果ではないか、と述べています。

 確かにそういう事情も存在するかも知れません。しかし本当のところは、オバマがデービッド・ロックフェラーの軛(くびき)から外れた、という方が正確です。その証拠は、キューバや中南米諸国との関係改善です。

 最近、あまり大きくは報道されませんでしたが、オバマ大統領はキューバとの永年にわたる敵対関係を見直し、ベネズエラのチャベス大統領を始めとする中南米の国々との関係改善に強い意欲を見せています。これは今までのアメリカの外交方針を180度転換するものです。

 日本との関係にもこの事が当てはまります。それは、明治維新以来の日本隷属を影で画策し、日本を属国化しようとしてきたアメリカ外交の大転換を示しているのです。それで、デービッドは言うまでもなく、ジェイのようなロックフェラー家の息のかかった実力者とも距離を保っているのです。オバマのしたたかさを、日本のほとんどの評論家は読み誤っています。ということは、オバマは完全に政策を従来のブッシュ・クリントン勢力から方向転換しているということになります。

 ここで北朝鮮による核実験が発生しました。これは何を意味するかというと、北はブッシュ・クリントン勢力が影で操っている国家です。今回の北朝鮮による核実験は、完全にオバマに対する揺さぶりです。オバマ大統領は核軍縮を推進しようとしているからです。

 核兵器の完全廃棄は完全に西欧イルミナティの意向に敵対する政策です。それが証拠に北は核実験の実行をアメリカと中国に伝えていました。日本は完全にツンボ桟敷です。日本の政治家もマスメディアも分かっていながらこの事を無視しているのです。それは日本の中枢部がいまだにブッシュ・クリントン勢力の傘の下にある証拠です。

 オバマは真剣に核兵器を地球から消滅させようと考えています。われわれ日本人は今こそ従来のアメリカ追随政策を改め、日本独自の外交を目指さなければなりません。それには現在の政治家ではほとんど不可能です。なぜなら、自民党は言うまでもなく、民主党にも少なからずブッシュ・クリントン勢力の息のかかった政治家がいるからです。すなわち、今度の総選挙は大変意味が大きく、自民党でも民主党でもない第三の政治の力を生み出す必要があるのです。

 今回の新駐日大使の人事には、このような大きな意図が裏に隠されています。日本政府の幹部とマスメディアの中枢に存在する人物は、必ずこの事を知っているはずです。知らされていないのは我々一般大衆のみです。なぜなら、新聞・テレビなどはこんな事をまったくと言っていいほど報道しないからです。ですが、真実は徐々に伝わり始めています。何も悲観する事はありません。ハートで世の中を見ていれば、必ず真実は分かるようになります。

|

« 日本最大の自動車メーカーの次期社長がレースに出場した意味 | トップページ | 新防衛大綱の閣議決定に向けた提言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/29798609

この記事へのトラックバック一覧です: 駐日アメリカ大使にジョン・ルース氏任命!:

« 日本最大の自動車メーカーの次期社長がレースに出場した意味 | トップページ | 新防衛大綱の閣議決定に向けた提言 »