« 人間はひどい勘違いをしている | トップページ | ヒューレン博士のカルテ »

星からの声

 武山です。日記を書き始めて今日で二日目になります。ブログを始めた当初は、皆さん書く事が多くて何から書いていいやら困るらしいのですが、私はそんなことはありません。なぜかといえば、私はこのブログを始めるきっかけとなった、あるメッセージを星から受け取ったからです。

 えっ、そんな有り得ない話をすると、バカにされるよ、と誰かにいわれそうです。ですがそれは本当です。ちゃんと証拠が残っています。皆さんは、チャネリング・メッセージという分野が存在するのをご存じでしょうか。最近、このジャンルの書籍が数多く出版されるようになりました。その中で私がいま注目しているのが、内部地球(インナーアース)=空洞地球に住む存在からのチャネリング・メッセージです。それは、アダマというシャスタ山の地下に住むレムリア文明の生き残りのテロスの高官=神官のメッセージです。

 ですが私が受け取ったメッセージは、空洞地球からのものではありません。それは「星」からでした。その星の名は「シリウス」です。私は「シリウス」という名前に子供の時から強く惹かれていました。私が天文学に興味を持ち、末は天文学者になろうと思い、京都の花山を訪れ、時の天文台長、宮本正太郎博士に憧れたのも、そのような下地があったからです。もちろん、宮本博士は惑星天文学の権威でした。東大では畑中武夫博士に魅かれていました。そして私はパソコンをいじり始めたとき、ハンドルネームに「シリウスの第Ⅵ勘」と書いていました。

 そのシリウスからのメッセージは当然私が直接受けたものではありません。シェルダン・ナイドルというアメリカ人が、チャネリングしてインターネットに公開しているメッセージです。それが定期的に翻訳されて「スピリチュアル・ハイアラーキーと銀河連邦」と題して日本語版HPに掲載されています。その2009年2月3日付け1月27日号にメッセージが掲載されたのです。

 その中では、地球の草の根の運動として、具体的にホ・オポノポノという手法を紹介し、それを広めて驚くべき地球改革の新しい運動にまで拡大・発展させ、その組織に中心機能をも持たせるべきである、という主旨の事が書かれていました。私ははっきり言って、仰天しました。そもそもホ・オポノポノというものがこの地球に存在する事さえ知らなかったし、ましてハワイの精神病院でヒューレン博士という心理学者がこの手法を使って奇跡を起こしたことも、まったく知らなかったのです。また、宇宙人からのチャネリング・メッセージというと、確たる根拠も存在せず、うさんくさいものの代表のような印象を多くの人が持っていたのにも拘わらずです。

 私はその後、彼の著作を読んで、講演を聴き、さらに確信しました。この手法こそ新しい地球の変革のために用意され、今まさに全地球に広められ、地球を癒そうという創造主からのプレゼントではないのか、と。星からのメッセージとして私に知らされたのも、何かの合図かも知れません。それに、星の世界の光の合言葉は、 「愛」でした。

 皆さん、この際ヒューレン博士の現在刊行されている3冊の著作を、ぜひ読んでください。そして、愛しています、ありがとう、ごめんなさい、許してください、という超簡単な言葉による、ホ・オポノポノの草の根の運動を実践してみてはいかがでしょうか。あなたは、豊かに、幸せに、成功するでしょうし、それがひいては、地球をいやし、平和をもたらし、アセンションに結びつく、としたらこれこそ究極の「NESARA]実現にほかならないのではないでしょうか。

|

« 人間はひどい勘違いをしている | トップページ | ヒューレン博士のカルテ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/29643486

この記事へのトラックバック一覧です: 星からの声:

« 人間はひどい勘違いをしている | トップページ | ヒューレン博士のカルテ »