トップページ | ブログを始めました(2) »

ブログを始めました 2009.5.15

 武山祐三です。私の名前は私の本や、インターネット上に公開した記事でご存じの方もおられるでしょう。もちろんこの名前は私の本名ではありません。私の個人としての情報はこれから機会ある毎にお知らせします。今日は取り敢えず私がブログを書き始めた理由をお示しして置こうと思います。

 私はハワイの伝統的問題解決の秘法、セルフ・アイデンティティ・ホ・オポノポノに決定的に魅かれています。私はもちろん、日々問題を抱え、苦悶・苦闘しています。日々苦悶・苦闘すること自体は、人間として生きている証拠であり、何の意味もありません。

 しかし、私がハワイの問題解決の伝統的秘法、ホ・オポノポノの手法に興味を持ったのは、他に意味があったのです。この手法をいま広めているのは、イハレアカラ・ヒューレン博士という人物です。世界は今、危機に瀕しています。経済がそれを如実に示しています。核兵器による戦争の危機もいまだ消え去ってはいません。それよりも、人間自身が、地球の環境破壊とともに、その住処を失おうとしています。また、人間同士が武器を持って相争う姿勢を改めようとしていないのです。

 このような現状を考えるとき、人類に明るい未来はあるのか、と疑わざるをえません。私がこのホ・オポノポノの手法に興味を持ったのは、このような苦境に陥った人類の未来を救えるのは、この手法によるしかない、と感じたからです。

 ヒューレン博士はこう説きました。問題の責任はすべてあなたにある、と。あなたは思っているはずです。これほど世界が悪くなったのは、政治家が悪い、金持ちと権力者が悪い、テレビや新聞などのマスコミが悪い、学者や評論家も悪い、と。

 はたしてそうでしょうか。毎日テレビをみたり、新聞を読んだり、評論家の解説を鵜呑みにしているのは、あなた自身ではないのですか。誰もがテレビを見るのをやめ、新聞を読まなくなったら、それらは現実の社会から消え去るでしょう。

 そうではないのです。こうして現実を作り上げているのは、あなた自身なのです。そうです、責任はあなたにあるのです。私はそれが分かったから、ホ・オポノポノを実践してみようと思ったのです。

 イハレアカラ・ヒューレン博士はハワイの州立精神病院で奇跡を起こしました。5年間で、精神に問題がある犯罪者たちを、一人の患者に具体的な治療を施すことなく、そっくり治してしまったのです。その手法の根本は、清めであり、記憶の消去なのです。

 私は、ヒューレン博士の文章を読み、講演を聞きました。そして、納得しました。世界を救えるのはこの手法しかない、と。それを私はこのブログでやってみようと思ったのです。

 責任はすべて自分にある、そう思うところから始まるのです。誰しも自分にすべての責任があるとは思っていません。しかし、この世界を作り上げているのは、自分なのです。これからそれを実践しようと思います。(続く)

|

トップページ | ブログを始めました(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217756/29628746

この記事へのトラックバック一覧です: ブログを始めました 2009.5.15:

» Ho'oponopono [3匹の子豚との日々]
「ホ・オポノポノ」の言葉を知ったのは、確か、去年の9月。 たまたま訪問した、武山祐三さんのブログでした。 「愛しています」「ごめんなさい」「許してください」「ありがとう」 英語で 「I love you」「I'sorry」「Forgive me」「Thank you」 スペイン語で 「Te amo」「Perdon」「Perdona me」「Gracias」 この4つの言葉を言うこと、心の中で唱えることで、現在の 問題を解決出来るというのです。 「ホ・オポノポノ」を知って、一番最初に感じたのは、... [続きを読む]

受信: 2010年1月26日 (火) 05時20分

トップページ | ブログを始めました(2) »